ひがし北海道(道東)エリアの着地型ツアーや旅の素材を見る&知る&予約もできるwebサイト|ひがし北海道トラベルラボ

一般社団法人 ひがし北海道自然美への道DMO

釧路湿原

  • 住所
    北海道阿寒郡鶴居村温根内(温根内ビジターセンター)
  • 電話番号
    0154-65-2323(温根内ビジターセンター)
  • URL
    http://www.kushiro-shitsugen-np.jp/kansatu/onnenaiv/
  • 営業時間・期間
    通年営業 入館料 無料 、4月~10月:9時00分~17時00分、 11月~3月:9時00分~16時00分
  • 釧路湿原
  • 釧路湿原



概要

日本最大の湿原と壮大な釧路川

北海道釧路平野に位置する日本最大の湿原「釧路湿原」。面積は、220.7平方キロメートル。1980年に「特に水鳥の生息地として国際的に重要な湿地に関する条約」(ラムサール条約)に日本第一号として登録されました。

釧路湿原には、釧路湿原の神・タンチョウが棲んでいます。端から端まで2メートルを超す翼を広げて空を駆ける姿は優雅そのもの。

釧路湿原に棲む哺乳類は、エゾシカ、エゾリス、シマリス、キタキツネなど26種。鳥類はタンチョウ、オジロワシ、シマフクロウなど約170種、昆虫類はトンボや蝶々など1000とも2000とも言われています。両生類では、絶命危惧種であるキタサンショウウオが特筆されます。また魚類では、幻の魚として有名なイトウが生息し、植物は、ミツガシワ、ヒメシャクナゲ、ワタスゲなど名前も容姿も美しい約600種。

釧路湿原には、おびただしい川が縦横に走り、湖沼が点在しています。釧路川ではカヌーの体験ができます。車や徒歩では行けない湿原の奥が楽しめ、時にはタンチョウ、オジロワシ、エゾシカなど野生の動物に出会うことも。

釧路駅と塘路(とうろ)駅を片道約1時間かけて走る観光列車「くしろ湿原ノロッコ号」「SL冬の湿原号」(有料)も人気。釧路川や釧路湿原などの自然が車窓いっぱいに広がる風景を心ゆくまで楽しめます。

アクセス

【車・レンタカーで行く場合】
釧路駅から車で約40分、道道53号線沿いに駐車場あり
【公共交通機関で行く場合】
阿寒バス 鶴居線・幌呂線 温根内ビジターセンターバス停下車 徒歩約5分

駐車場:あり(無料 73台)

近隣の観光スポット