東北海道(道東)地區的在地旅遊、旅行相關情報&預約網站|東北海道旅遊Labo

By 東北海道觀光事業開發協議會

羅臼湖

  • 住所
    北海道目梨郡羅臼町湯ノ沢町225林班(羅臼湖)
  • 電話番号
    (0153)-87-2828 羅臼ビジターセンター
  • URL
    http://rausu-vc.jp/lake_rausu/
  • 営業時間・期間
    羅臼湖トレッキング 6月から10月上旬頃まで 開館時間: 9:00~17:00(11月~4月 10:00~16:00)
  • 羅臼湖



概要

知床半島最大の湖

知床半島最大の湖「羅臼湖(らうすこ)」。知床連山の知西別岳(ちにしべつだけ)の山頂近くに位置します。
「羅臼湖」は、約3000年前に天頂山の噴火により、知西別川(ちにしべつがわ)が溶岩によって堰き止められてできた標高740m、面積0.43平方キロ、最大水深4m、周囲約6kmの堰き止め湖です。

知床横断道路の見返り峠近くにある羅臼湖入口から、登山道である羅臼湖歩道を利用すると、往復約3時間のトレッキングで、沼と山と植物とを一度に楽しむことができます。「羅臼湖トレッキング」では、4つの沼をめぐり、高山植物や湿原性の植物が観察できます。

羅臼湖登山道は、登山道自体がぬかるみやすい場所です。登山と同様の装備、長靴の着用が必要となります(羅臼ビジターセンターで長靴レンタル可能。湖にはトイレ設備がないので、携帯トイレ必携)。安全と自然保護のためのルールがありますので、地元のガイドと一緒に楽しみましょう。

歩道入口からは、ハイマツの樹海、美しい湖沼群やチングルマやワタスゲ、ミズバショウの花畑が続き、訪れる人の目を楽しませてくれます。とくに「三の沼」からの眺めは、北海道一の絶景と言われています。風がない日であれば、雄大な羅臼岳の姿が沼の水面に映し出され、まるで絵画のような美しい光景が広がっています。トレッキングは、6月から10月上旬頃まで楽しむことができます。

羅臼ビジターセンター
開館時間: 9:00~17:00(11月~4月 10:00~16:00)
休館日: 月曜日および年末年始
入館料: 無料

アクセス

【車・レンタカーで行く場合】
釧路から車で約3時間
女満別空港から車で約2時間半
中標津空港から車で約1時間半
斜里から車で約1時間半
【公共交通機関で行く場合】
中標津から阿寒バス羅臼営業所まで約1時間半
釧路から阿寒バス羅臼営業所まで約4時間
羅臼営業所から斜里町ウトロ行きバスに乗り換え「羅臼湖入口」停留所下車、徒歩約10分


※「羅臼ビジターセンター」最寄りのバス停:「羅臼温泉」
(羅臼市街地からウトロ方面行きのバスで約5分の停留所になります。)
 羅臼温泉からは、知床峠方面へ徒歩約10分、右手に見えてくる大きな黒い建物が「羅臼ビジターセンター」になります。






駐車場:なし

「羅臼湖」の入り口には駐車場はありません。知床峠の無料駐車場(乗用車66台駐車可能)に車を停めて入り口まで歩くか、路線バスを利用ください。

※徒歩の場合:約40分
※路線バスの場合:約3分。本数は少ないです。
上り(羅臼市街地→羅臼湖→知床峠方面)は歩道入口の目の前
下り(知床峠→羅臼湖→羅臼市街地方面)は歩道入口から約50m知床峠側にバス停があります。

※知床峠より離れた位置に「羅臼ビジターセンター」があります。羅臼ビジターセンターでは無料で普通車40台 大型車3台駐車可能。

近隣の観光スポット