ひがし北海道(道東)エリアの着地型ツアーや旅の素材を見る&知る&予約もできるwebサイト|ひがし北海道トラベルラボ

一般社団法人 ひがし北海道自然美への道DMO

野付半島 ー 夏は花の楽園、冬は氷のパノラマ絶景

  • 住所
    北海道野付郡別海町野付63番地 (野付半島ネイチャーセンター)
  • 電話番号
    0153-82-1270 (野付半島ネイチャーセンター)
  • URL
    http://notsuke.jp
  • 営業時間・期間
    野付半島ネイチャーセンター 無料、4月〜10月 9:00 - 17:00 11月〜3月 9:00 - 16:00 
    ※年末年始休館
  • 野付半島 ー 夏は花の楽園、冬は氷のパノラマ絶景



概要

日本最大の砂の半島

野付半島は、全長26km、日本最大の砂嘴(さし)です(砂が堆積し海上に長く突き出た半島)。2004年に野付湾と打瀬舟(うたせぶね)が北海道遺産に選定され、2005年11月にラムサール条約に登録。春夏秋冬、様々な表情を見せる野付半島では、季節に応じた見どころがたくさんあります。


花畑と海を一度に堪能できる野付半島。半島全域が、原生花園になっています。5月~10月にかけ、クロユリ、エゾカンゾウ、ハマナスなど、色とりどりの花々が島の随所で美しく咲き乱れています。

人気の花名所は、「野付半島ネイチャーセンター」から「トドワラ」へと続く遊歩道。「トドワラ」は地盤沈下と海水に浸食された森が立ち枯れ、トドマツが白く風化した姿のこと。現在も侵食が進んでいるため、いずれこの光景も見られなくなってしまうかも…。荒涼とした独特の景観が「この世の果て」とも呼ばれています。トドワラの付近には、ミズナラが同じように枯れ木になっている「ナラワラ」も存在します。

野付半島の魅力は夏だけでなく、冬も楽しめます。
冬は野付半島に囲まれた内海が白い雪原に様変わりする様子が、「べつかい氷平線」として注目を集めています。凍った海の上を歩くガイドツアーが人気です。また、厳冬期に見られる珍しい光景として有名な「四角い太陽(朝日)」も。花が咲き誇る夏とは違った魅力があります。


野付半島ネイチャーセンター
http://notsuke.jp
野付半島 べつかい氷平線特設ページ
http://betsukai-kanko.jp/ice-horizon/

※2021年4月19日更新

アクセス

【車・レンタカーで行く場合】
釧路市から車で約140分
中標津空港から車で約50分
別海から車で約60分
尾岱沼から車で約30分
【公共交通機関で行く場合】
釧路駅から阿寒バスで標津バスターミナルまで約2時間30分、
標津バスターミナルから阿寒バスで 尾岱沼まで約20分、
(尾岱沼まで所要時間約3時間 ※乗り継ぎ待ち時間含まず)
尾岱沼から別海町観光船(0153-86-2533)に乗って野付半島トドワラへ(運航期間4月~10月)

※野付半島は公共交通機関の利用が不便なところになります。
車以外でお越しの方はタクシーをご利用いただくか、観光船で往復されることをおすすめします。

・冬季期間限定の「ひがし北海道エクスプレスバス」
 ・知床ウトロ→野付半島→中標津空港→阿寒湖→釧路
 ・阿寒湖→野付半島→中標津空港→知床ウトロ
 の2路線が運行(2021年時点、1月下旬〜3月上旬)
https://easthokkaido.com/expressbus_winter/

駐車場:あり(無料 野付半島ネイチャーセンター 乗用車50台 バス10台)

※2021年4月19日更新

近隣の観光スポット