A website full of information and resources regarding local tours and activities available in East Hokkaido. Online booking functionality included!|East Hokkaido Travel Labo

Brought to you by the East Hokkaido Tourist Industry Development Association

硫黄山

  • 硫黄山
  • 硫黄山



概要

硫黄の独特の匂いが漂う硫黄山

川湯温泉の南約3kmに位置する「硫黄山」は、摩周湖に次ぐ観光名所です。山全体が黄色く見えるのは各所から吹き出す硫黄によるものです。「硫黄山」は、アイヌ語でアトサ(裸)ヌプリ(山)と呼ばれ、現在でも硫黄の噴煙がゴウゴウと音を立てて立ち上り、迫力満点。

落石の危険性があることから、登山者の安全を考慮して「硫黄山」は、立ち入り禁止となっています。山腹には「熊落とし」と呼ばれている深さ約50mにもなる火口跡があり、アイヌの人々がこの崖に熊を追い落としたことからこの名前がついたとされています。

現在も1,500ヶ所以上の噴気孔から火山性ガスを含んだ水蒸気が上っています。この火山性ガスに硫黄成分が含まれているため、硫黄山の周辺は硫黄の匂いがします。硫黄山の目の前にある「硫黄山レストハウス」では、川湯温泉の源泉で作った硫黄山名物 温泉玉子が食べられます。

硫黄山山麓にあるおよそ100haのエゾイソツツジの大群落は、日本最大。6月中旬頃に咲く白いお花畑はまるで白いじゅうたんを敷きつめているよう。川湯温泉から硫黄山へ続く散策路「つつじヶ原自然探勝路」(約2.5km、徒歩55分)はおすすめの散策コースです。アカエゾマツとシラカバの林を抜けると白エゾイソツツジやハイマツなど高山植物の大群生が見られます。

「つつじケ原」のベストシーズンは、エゾイソツツジが咲く6月中旬〜下旬までと秋の紅葉期。6月10日から9月10日までは毎朝5時45分からガイド付きの探勝会が行われています。6月の満開のイソツツジの時期の景色は圧巻です。

アクセス

【車・レンタカーで行く場合】
釧路市街から国道391号線で約2時間30分
釧路空港から道道53号線で約2時間
網走市街から国道244号線・国道391号線で約1時間30分
女満別空港から国道243号線・道道52号線で約1時間30分
中標津空港から道道13号線・国道243号線・391号線で約1時間30分
【公共交通機関で行く場合】
川湯温泉駅からバスで約5分

釧路駅からJR釧網本線網走行きに乗車し「川湯温泉駅」で下車(乗車時間約1時間35分)、そこからバス・タクシーで約5分。

※1月下旬~3月上旬は、「冬エコパスポート」(期間限定えこパスポート)という周遊バスが運行。期間中は、摩周駅-摩周湖-屈斜路湖-川湯温泉等の周遊が可能。


駐車場:あり(有料 136台)
バイク200円/乗用車500円/マイクロバス1,000円/大型バス2,000円
※摩周湖第一展望台との共通券(第3展望台は無料)
※上記料金で硫黄山駐車場、摩周湖第一展望台を1回ずつ利用可能(2日間有効)

近隣の観光スポット