A website full of information and resources regarding local tours and activities available in East Hokkaido. Online booking functionality included!|East Hokkaido Travel Labo

Brought to you by the East Hokkaido Tourist Industry Development Association

神の子池

  • 神の子池
  • 神の子池



概要

神秘的なコバルトブルーの池

神様からの贈り物「神の子池」この池は、摩周湖(カムイト=神の湖)の伏流水からできているという言い伝えで「神の子池」と呼ばれています。場所は、「裏摩周展望台」から車で約20分、林道をしばらく進んだ山奥にあります。

神の子池の伏流水は、1日12,000トンも湧き出ており、周囲220m、水深5mで水が澄んでいるので底までくっきりと見えます。コバルトブルーに輝く水の色がたいへん美しく、湖の周辺が神秘的な雰囲気に包まれています。

水温が年間を通して8℃と低く、倒木が青い水の中に腐らず、化石のように沈んでいます。その隙間を朱色の斑点をもつオショロコマ(北海道にしか生息していない、サケ科の魚)が泳ぐ姿は、何とも言えない不思議な美しさです。2017年(平成29年)8月8日より「阿寒摩周国立公園」に編入され、「神の子池」が国立公園に指定されました。

駐車場から神の子池までは、木道があります。池のまわりは歩道になっており、角度を変えて見ることができます。神の子池は小さい池なので、10~20分ほどあれば十分楽しめます。「熊注意」の看板があるほど森の中にある「神の子池」、湧き出る水がせせらぎとなり、癒やし効果も絶大です。

近年観光の人気が高まっており、正午頃は人が多いので午前中に行くとゆっくり見られるかも。神の子池に入ることができるのは、毎年6月頃から10~11月頃までです。冬季は、「スノーシューで行く神の子池ツアー」も人気。

アクセス

【車・レンタカーで行く場合】
釧路から車で約2時間10分(摩周国道/国道391号と道道150・1115線を経由)
(裏摩周展望台方面へ向かう道道摩周湖斜里線中標津方面へ25kmのところから右折。約2km林道を進んだ地点の林道の奥に位置。)

網走から車で約1時間30分(国道244・391号線を経由)
【公共交通機関で行く場合】
清里町 JR緑駅から車・タクシーで約20分
(清里町緑駅より中標津方面に約10km進み、神の子池の看板を右折。山道を約2km上る。)

駐車場:あり(無料 未舗装)

近隣の観光スポット